fluct

f:id:voyagegroup_tech:20220209185544p:plain

株式会社fluct(フラクト)は「メディアの成長を共創する」をミッションにメディアマネタイズ支援事業を展開するテクノロジーカンパニーです。

Webメディアやスマートフォンアプリに対しSSP(Supply-Side Platform)「fluct」と、 「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」として Google のメディア向けサービスの導入及びコンサルティングを行っています。

また、広告売上の管理・分析が可能な DATA STRAP、Prebid をベースとして開発したHeader Bidding Wrapperソリューションである BID STRAP といった、運用の手間や管理の煩雑さを削減できるサービスも合わせて提供しています。

積極募集中

fluctの挑戦

技術的なやりがい・面白さ

広告の表示は高トラフィックであり、かつ高い可用性が求められるサービス
広告を表示したログはお金の発生そのものであり、欠損した場合はメディアの収益が計算できなくなるため、高い信頼性が求められます。

ユーザ・メディア・広告主、三方良しの仕組みの実現
広告プラットフォーム間において、妥当な API・機能性を考えて設計する必要があります。例えば、SSP がメディアのデータを正しく DSP に伝えることで、買い付けられやすくなるといったことが挙げられます。

進化するWebのなかで広告システムのあり方を考えて実現すること
3rd party cookieの廃止を始めとした目まぐるしい時代の変化に合わせて、メディアのためになる仕組みを開発していくことが求められます。

取り組みたいIssue

広告配信クオリティの継続的向上
クリエイティブの自動確認によるブランドの担保をよりしやすく、Privacy Sandbox対応をはじめとする3rd party cookie廃止以後の世界に向けた配信システムの対応

オブザーバビリティの向上
広告リクエストから広告が出て、インプレッションが出るまでの一連の流れを追えるようにすることでモニタリング、問題の調査・発見や分析等に活かせる仕組みづくり

オペレーションの継続的な改善
媒体者向け画面、請求システムの使い勝手改善、バイヤー向け画面の改善など各種画面の刷新によるオペレーション負荷の低減

サポートクオリティの向上
CRE における調査および問題発見の効率化を図るためのモニタリングツールの改善

チームの特徴や文化

創業以来長らく顧客であるメディアさんと向き合っていることから、メディアの収益性に対する責任感が強いチームです。

そのため、SLAやサービスの安定性を保ちつつ、どのようにしてサービスを拡張するかにエンジニアリングの焦点を合わせ続けてきました。そのような中でMTTRを重視しながら、CI/CDの強化が進んできています。

その結果、いくつもの大きなサービスが関連し合いながら開発していくメディア側の広告サービス体系においても、それぞれのサービスを自律させながら拡張し続けることを10年に渡って可能としてきました。

強み

  • サービスを落とさずに伸ばしてきたこと
  • Service Reliability Engineering
  • お金をきちんと扱うこと
  • 個々のスキルが高いこと
  • 各々が自立して動きならがも、サービス全体が改善され続けていること
  • 大規模なサービスをしっかりと扱っていること
  • マンパワー is チームプレー

弱み

  • 攻めより守りを先に考えるため、やや慎重な側面がある
  • メディアさんありきのため、課題の出どころや発想がメディアさんの課題に閉じていること
  • 大規模なので、小さいチームを作るのに工夫がいること

チーム構成

  • 事業会社全体の人数 :75人
  • 開発チームの人数:30人
    (2022/01 時点)

開発チームの構成

職種で分けると以下のようになります。

チームはプロダクトごとに分かれているものや、SRE/CRE のようにサービスやプロダクト、顧客などに対して価値を提供していくチームがあります。 チームとして分かれてはいますが、各々にフロントやバックエンドといった強みを持ちつつ、必要とあらば触ったことのない技術領域(例えば、インフラ)にも手を入れることは多々あります。また、それらに必要な裁量が持てるようになっています。

配信
広告配信システムのコードを書く事を中心に、そのコードが動く場所の構築やロギングなど様々なことをやります

オペレーション
広告配信に関する設定の管理画面、請求に関する設定の管理画面、フロントとバックエンドの両方を開発しています

アプリ
広告配信で使う SDK を開発しています

データ
データを分析・表示することや、安定してログを集めたり整えることをやります

CRE
顧客(メディア)が広告を配信や運営をするにあたっての困りごとを解決していきます

SRE
インフラ全般の管理、CI/CDを始めとした自動化、開発環境の整備といった、サービスの信頼性につながる仕事をしています

チームのメンバー

focus.voyagegroup.com focus.voyagegroup.com focus.voyagegroup.com focus.voyagegroup.com focus.voyagegroup.com focus.voyagegroup.com

事例紹介

TechBlog

techblog.cartaholdings.co.jp techblog.cartaholdings.co.jp techblog.cartaholdings.co.jp

techblog.cartaholdings.co.jp

techblog.cartaholdings.co.jp

Youtube

www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com

技術スライド

プロダクトについて

Web

SSP(https://corp.fluct.jp/product/ssp

2010年にSSPを開発してから常にマネタイズ機能を強化し続け、あらゆるDSP、アドネットワークと接続しイールドマネジメントシステムの強化を図ってきました。 業界最大クラスのDSP接続数と、あらゆるデバイス、豊富なフォーマット・配信方法で広告配信が可能なため、インプレッション型課金も高単価配信となり収益向上が実現できます。

BID STRAP(https://corp.fluct.jp/product/bid_strap

BID STRAPはPrebidをベースとして開発したHeader Bidding Wrapperソリューションです。 通常のオークションに加え、接続している複数のBidderに予め同時にリクエストを送ることで多重オークションを実施し、新たな収益機会を創出します。 また、レポーティングツールのDATA STRAPと連携を行うことで、従来のHeader Bidding Wrapperソリューションでは確認しづらかったbidderごとの評価を行いやすくなり、配信の透明性も担保できます。 GCPPとして提供するAdExchangeの運用と組み合わせることで幅広い広告主様とユーザーを結びつけ、広告マネタイズを最大化しましょう。

DATA STRAP(https://corp.fluct.jp/product/data_strap

プログラマティック広告を取り巻く環境は複雑化の一途を辿るばかりです。 1つのパブリッシャーが利用している事業者が数十に上ることはもはや当たり前となっており、広告運用担当者の業務は集計作業によって逼迫しています。 DATA STRAPはそんな面倒な広告運用の作業をゼロ化することを目指すべく、 複数のデマンドレポートや計測ツールのデータを自動集計し、広告売上の管理・分析を飛躍的に効率化できるツールとして誕生しました。 また、集計したデータをもとに広告配信の最適な設定を算出・実行することで収益の向上を見込むことができます。

GCPP(https://corp.fluct.jp/product/gcpp

サイト運営者向けGoogle認定パートナー(Google Certified Publishing Partner:通称GCPP)とは、Googleが2015年10月に新設したサイト・アプリ運営者向けの認定代理店制度に基づいた Google のパートナー企業のことです。 認定パートナーは、Googleが持つ様々なメディア向けのサービスを総合的に提案し、長期的な収益向上に努めます。 現在はサイト運営者向けに Google AdSense 、プレミアムなサイト・アプリ運営者向けに Google Ad Exchange、アプリ運営者向けにAdMobを提案し、技術サポート、 広告コードの設定、A/Bテストの実施、掲載結果や収益の最適化といったサポートを行っています。

GOLDSPOT(https://corp.fluct.jp/product/gold_spot

GOLDSPOTプラットフォームは、HTMLベースのビデオ広告、アニメーション広告テンプレートを豊富に保有し、あらゆるデバイスに配信、レポート管理が実現できるプラットフォームです。 HTMLやJavaScriptを使用し、マルチデバイス向けリッチメディア広告及び動画広告の制作・配信ソリューションを提供することで広告主様のブランドイメージを高め、ユーザーとのエンゲージメント最大化に貢献致します。 豊富なインベントリーを強みに、エンタメ・一般消費財・自動車をはじめとした多くのナショナルクライアント様に当社サービスをご活用いただいております。

コマース支援(https://corp.fluct.jp/product/commerce_support

fluctは、最も多くの機能へアクセスが可能な「Shopify Plus」を活用するための知見や導入支援実績において優れた企業に付与される Shopify Plusパートナーに認定されております。 あらゆる事業規模のお客様の複雑なビジネス要件に対しても機能を独自カスタマイズして効率化を実現し、システムによって事業の成長を妨げることがないようサポートいたします。 また、CARTA HOLDINGSの各サービスを駆使して、EC構築のみならず日々の運用業務を請負い、お客様の成長を支援いたします。

App

Bid Lift(https://corp.fluct.jp/product/bid_lift

Bid Liftは「アプリ内ビディング」と呼ばれる高度な技術を応用した最新のマネタイズソリューションです。 リアルタイムオークションによって、広告主は必要なインプレッションを優先的に入札することが出来、アプリデベロッパーは自社のインプレッション在庫を最高価格で販売することが出来ます。従来のウォーターフォールにBid Liftを加えることで、広告枠の価値を最大化させましょう。

Admob(https://corp.fluct.jp/product/ad_mob

AdMobはGoogleが運営するアプリ向けアドネットワークおよび、アドプラットフォームです。 世界中に多くの広告主を抱えるGoogle広告の案件が配信できるため、高品質な広告配信が実現できます。 また数多くの広告主が入札するため、CPMと広告掲載率が向上し、収益の最大化を期待できます。 fluctはAdMob MCMを取得済みの公式認定パートナーです。 AdMobの設計から構築までのゼロイチ支援や、AdMob Mediationの最適な第三者ネットワークのレコメンドから設定のサポートといった幅広い支援を提供しています。 また、Googleからの公式情報をいち早くメディアへ案内し、新たな施策へと繋げる提案ができるのも我々の強みです。

技術スタック

言語

Frontend
Backend
  • PHP
  • Perl
  • Erlang/OTP
  • Go
  • Ruby
  • Python
  • TypeScript
Android
  • Java
  • Kotlin
iOS
  • Swift
  • Objective-C
Other

インフラ

  • AWS
  • GCP
  • Spot.io

ミドルウェア

データベース

  • Aurora MySQL
  • Amazon DynamoDB
  • BoltDB
  • Amazon RedShift

データ分析

  • BigQuery
  • Amazon Redshift
  • Redash

モニタリング

  • Grafana
  • Redash
  • InfluxData
  • InfluxDB
  • Telegraf
  • VictoriaMetrics (予定)
  • prometheus exporter
  • Datadog
  • Sentry
  • CloudWatch Dashboard
  • NewRelic

環境構築

  • Docker
  • Terraform
  • AWS Cloud Development Kit
  • Puppet
  • Packer
  • Makefile

CI/CD

  • CodeBuild
  • CodeDeploy
  • CodePipeline
  • CircleCI
  • GitHub Actions
  • Jenkins
  • Netlify
  • Makefile

CDN

  • Amazon Cloudfront

コード管理

  • GitHub
  • GitLab

コミュニケーション

  • Slack

チケット管理

  • Backlog
  • GitHub

積極募集中

カジュアル面談も歓迎です。fluctやCARTA HOLDINGSに興味のある方、ぜひお話ししましょう。 hrmos.co